今回の上告方針を巡り、亀山紘石巻市長は7日、市役所で河北新報社などの取材に答えた。主なやりとりは次の通り。

-上告の理由は。
 「(判決の)予見可能という推認は科学的根拠を欠いている。校長、教頭、教務主任が専門家並みの知識を有する必要があるという判断を学校教員に求めるのは、非常に無理がある」

-方針の決定はいつか。
 「昨日だ」

-控訴時に比べ方針決定に時間がかかった理由は。
 「一審と二審で判決内容が全く違う。一から判決文を読み、引用されている文献を、手にできるものは全て読んで判断した」

-専決処分は考えなかったか。
 「議会軽視になる」

-市議会臨時会での採決の見通しは。
 「非常に厳しい。議員は大変な思いで判断する。市議選もある。ただ、議員の役割を果たしてほしい」