東日本大震災の津波で児童74人、教職員10人が犠牲になった石巻市大川小。3月に閉校し、145年の歴史に幕を閉じたが、被災した校舎を訪れる人は今も後を絶たない。終章となる第11部は、大川小の校歌「未来をひらく」を文字通り体現する2人の言葉から、「あの日」を巡る過去、現在、未来を探る。(大川小事故取材...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。