<佐藤敏郎さんは、2015年に28年勤めた中学教諭を退職。大川小での語り部、ラジオのDJ、全国での講演、被災地の若者らをサポートする活動などに飛び回る>  遺族になってしまったことも、元教員であることも降りられない。自分の持ち味。変に分けず、絵の具のように溶け合っていいと思うようになった。  大川...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。