只野哲也さん(18)には、心残りがある。「『さようなら』が言えなかった」  2011年3月11日午後2時46分。「起立」。石巻市大川小の5年生教室。帰りの会を終えようとした瞬間、大きな地震が来た。東日本大震災だった。  約50分後、大川小を襲った津波は、多くの友達と家族を奪った。3年の妹未捺(みな...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。