2018年度新聞協会賞に、河北新報社の連載「止まった刻(とき) 検証・大川小事故」(編集部門)と「いのちと地域を守る」震災伝承・防災啓発プロジェクト(経営・業務部門)が選ばれた。大震災の被災地に立脚し、被災者と歩む新聞社の責務を果たした-と、ともに高く評価された。