石巻市大川小を襲った東日本大震災の津波の動きを解析した東北大災害科学国際研究所の今村文彦教授(津波工学)に、解析の手法や意義を聞いた。◎想定超える浸水 周知に反省点 -津波解析の手法と特徴は。  「最新の知見と計算モデルを使った。コンピューター上で追波湾から内陸約20キロを5メートル四方、大川小周...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。