4畳半の居間に誕生日や七五三の写真が並ぶ。激しい揺れで崩れ落ち、解体した築50年の自宅から持ち出した。泊まりに来る初孫の成長が、老後のささやかな生きがいだ。  北海道むかわ町の深根由章さん(69)と妻まり子さん(68)の家は、北海道地震で1階がつぶれた。4年前に畳んだ時計店の2階で寝ていた2人は全...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。