熊本地震で震度7の激震に2度襲われた熊本県益城町は役場本庁舎が大規模損壊し、仮設のプレハブ庁舎で業務を続ける。近くの敷地には、今も約150世帯が暮らす木山仮設住宅のプレハブ団地が広がる。  「どうしてこんなに遅れるのか。理解できない」。団地に住む荒瀬芳昭さん(69)は、町が進める災害公営住宅の建設...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。