今秋のラグビーワールドカップ(W杯)会場となる釜石市鵜住居地区には、競技場や観光交流館など復興の拠点施設が並び立つ。対照的に、大規模事業を進めた施設周辺は、住む予定のない宅地が点在する。  東日本大震災の津波被害を受けた地区中心部で、市は約50ヘクタールの土地を平均1.7メートルかさ上げし、区画整...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。