東日本大震災で住まいを失った被災者向けに岩手、宮城、福島3県で約3万戸分の災害公営住宅が整備された。資力に乏しい高齢者や独居世帯の多くが「ついの住処(すみか)に」との願いを託す。入居者は将来的な家賃負担の重さ、住民の孤独や孤立、自治会運営の難しさといった現実と向き合う。(「震災と住まい」取材班) ...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。