避難先に構えた居宅を永住の地にはできない。8年が過ぎた今、望郷の念に駆られている。  東京電力福島第1原発事故で一時、全町避難を強いられた福島県浪江町。神長倉(かなくら)豊隆さん(68)は今月下旬、営んでいた生花店に立ち寄った。枯れた鉢植えが散乱する床や棚を眺め「町が元気になる保証はなくてもいずれ...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。