新しい家は風が気持ちいい。かわいい壁紙は近所のケーキ店の雰囲気に憧れて選んだ。自分の部屋の窓を開け放ち、2階から外を眺める。オリーブの木が揺れる景色が気に入った。  東京電力福島第1原発事故で一時全町避難した富岡町から600キロ。実家がある名古屋市天白区に身を寄せた会社員鈴村守さん(48)の一家5...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。