岸辺のススキやささやぶが風に揺れ、ほとんど流れのない川面にさざ波が立つ。幅約100メートルの河川敷に対し水面幅は10メートル程度。水位も1メートル足らず。12月中旬、宮城県大郷町粕川の吉田川の姿は平穏そのものだった。  約2カ月前、川は全く違う表情を見せた。台風19号豪雨で計画高水位(想定最高水位...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。