昨年10月の台風19号豪雨で吉田川の堤防が決壊し、広範囲が水没した宮城県大郷町粕川の中粕川地区。半年が過ぎた今も被災したままの姿の家屋が点在する。  決壊地点から約150メートル東にある高橋俊雄さん(68)宅は床上1メートル近くまで浸水した。同居していた子や孫らは隣町のみなし仮設住宅に身を寄せた。...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。