昨年10月の台風19号(東日本台風)で歴史的な豪雨被害に見舞われた被災地は間もなく、再び出水期を迎える。気候変動の影響で東北でも激甚化する水害に必要な備えや心構えは何か。治水問題に詳しい3人に考えを聞いた。 (治水のゆくえ取材班) 台風19号は日頃の避難訓練や当日の情報伝達がしっかりできていれば、...

ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。