【シンガポール共同】トランプ米大統領は13日放送のFOXニュースのインタビューで、過去に北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を「リトル・ロケットマン」と呼ぶなど過激発言を繰り返したことについて、北朝鮮を対話の場に引き出すための「戦略だった」と主張した。
 トランプ氏は制裁だけではなく、歴代米政権が使わなかった激しい言葉遣いで北朝鮮に向き合ってこなければ「今ここにはいなかっただろう」と指摘。過激な発言をするのは「嫌いだ」としつつも「時には自分でも愚かだと思ったが、選択肢はなかったのだ」と振り返った。