【モスクワ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第23日は11日、モスクワで準決勝の残り1試合が行われ、クロアチアが延長の末にイングランドを2―1で下して5度目の出場で初の決勝進出を果たした。15日(日本時間16日)に優勝を懸けてフランスと対戦する。
 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング20位のクロアチアは同12位のイングランドに対して後半に追い付き、延長後半に決勝点を奪った。イングランドは1966年大会以来の決勝を逃した。