与党は、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案と水産改革関連法案を7日夜に可決、成立させる方針だ。参院本会議は7日、野党が提出した横山信一参院法務委員長(公明党)の解任決議案と、堂故茂参院農林水産委員長(自民党)の解任決議案を、与党などの反対多数でいずれも否決した。立憲民主党など野党は山下貴司法相の問責決議案を提出する方針を固めた。国会最終盤の攻防が緊迫化した。
 両委員長の解任決議案を否決後、与党は農水委で水産改革関連法案の採決を強行し、可決した。入管難民法改正案も法務委で採決する構え。本会議で両法案成立を図る。