【ホノルル共同】太平洋戦争の戦端を開いた旧日本軍による1941年12月の真珠湾攻撃から77年を前に、日米合同の戦没者の追悼式典が6日、当時標的となった米ハワイ州・真珠湾内のフォード島で行われ、イゲ州知事や米軍関係者ら約100人が出席した。
 近くでは同日、医師菅野寛也さん=静岡市=が続ける、米兵の遺品を使った恒例の慰霊祭も開催され、遺品である黒焦げの水筒に入れたバーボンを真珠湾のボート上から海に注ぎ、犠牲者を悼んだ。ハワイの学生や交流を続ける新潟県長岡市の高校生、米退役軍人ら計約200人も参加した。
 日米合同追悼式典は2016年12月から始まり今年3回目。