サッカーの元日本代表GKで、J3相模原を最後に今季限りで引退した川口能活(43)が日本サッカー協会からフル代表や各年代の代表を指導するコーチングスタッフ入りを要請されていることが7日、関係者の話で分かった。本人も前向きに検討しているという。
 就任が実現すれば森保一監督が率いるフル代表や東京五輪を目指すU―22(22歳以下)代表、その下のカテゴリーのGKを横断的に指導する可能性があるという。
 4度のワールドカップ(W杯)など数々の国際舞台を経験し、GKとして歴代最多となる国際Aマッチ116試合出場の川口は、2日に現役最後の試合を終えたばかり。