自民党の森山裕国対委員長は11日、厚生労働省の「毎月勤労統計」の不適切調査問題を受け、衆院厚生労働委員会の閉会中審査開催に前向きな姿勢を示した。立憲民主党の辻元清美国対委員長が衆院予算委員会や厚労委の開催を要求していた。
 森山氏は国会内で「厚労委理事会で判断することだが、できるだけ早く開くことが大事だ」と記者団に強調。併せて「極めて遺憾だ。二度と起きないよう厚労省にしっかりした対応を求める」と語った。
 不適切調査に関し、立民の長妻昭代表代行は「国家の信頼を揺るがしかねない問題だ。きちっと、うみを出さなければいけない」と批判した。