日産自動車の資金を不正に流用したとして、会社法違反(特別背任)の疑いで前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が再逮捕された事件で、日産の中東向け送金リストに記された名前の半数以上が、ゴーン容疑者の知人だったとみられることが11日、関係者の話で分かった。担当者らは知人を「フレンド・オブ・ゴーン(FOG)」と呼んでいた。東京地検特捜部は既にリストを押収。各国に捜査共助を要請し資金の流れを調べている。
 特捜部は同日、特別背任罪でゴーン容疑者を追起訴した。弁護人は東京地裁に保釈請求した。地裁は15日以降に判断するとみられる。