【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比20銭円高ドル安の1ドル=111円45~55銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1321~31ドル、126円19~29銭だった。
 15日に発表された2月の米鉱工業生産指数などが市場予想を下回り、米長期金利が低下。日米の金利差縮小が意識され、円買いドル売りが優勢となった。