【ロンドン共同】欧州連合(EU)離脱を巡る混迷が続く中、英与党保守党の幹部は16日のメイ首相との会合後、6月上旬の次回会合でメイ氏が保守党党首と首相職の具体的な辞任時期を示すことで合意したと発表した。直前には、離脱の命運を握る下院採決が行われる予定。メイ氏は、可決を実現させ離脱への道筋を付けた上での「名誉ある退陣」を目指すが、形勢逆転は厳しい情勢だ。
 メイ氏は既に、EUとの離脱合意案を下院が可決し、離脱のメドが立った場合には辞任する意向を表明。BBC放送は関係筋の話として、6月の下院採決が否決された場合でも「さらなる続投はあり得ない」との見方を伝えた。