石巻地方の小中学校計65校で22日、本年度の修了式があり、児童生徒が新年度への期待を膨らませた。

 石巻市蛇田小(児童812人)は、体育館で式を開催。

 阿部清司校長は各学年の代表に修了証を手渡し、「1年間頑張ったことや先生が支えてくれたことを忘れずに、4月からも頑張ろう」と語り掛けた。

 代表児童2人が1年間の感想や抱負を発表。1年の土方野々華(ののか)さん(7)は「字が上手になりたくて書き初めをたくさん練習した。2年生では算数や縄跳びを頑張りたい」、4年の菅原優愛さん(10)は「4月から高学年として学校を支え、学んできたことを生かしたい」とそれぞれ意欲を語った。

 石巻地方の新年度の入学式と始業式は4月8、9日に行われる。