石巻地区更生保護女性会の研修会がこのほど、石巻市日和が丘1丁目の市老人福祉センター寿楽荘で開かれた。石巻を拠点に若い世代の支援活動に当たるNPO法人TEDICの門馬優(ゆう)代表理事が講演し、「子どもの社会的孤独を防ぐ上でも隣近所での声掛けは大切だ」と強調した。

 研修会には約40人が出席。門馬代表は「どんな境遇の子ども、若者でも『自分の人生を自分で歩む』ことができる地域社会をつくる」をテーマに講演した。

 公益財団法人子ども貧困対策センターアドバイザーなども務める門馬代表は「貧困など複雑な家庭環境の子どもは、さまざまな悩みを抱えている。近年は移住が増加する外国人の子どもの不登校といった問題もある」と指摘。その上で「健やかな成長と孤立防止には、会話や遊び、イベントを通して居場所をつくることが必要だ。触れ合いを持ち、社会で見守り続けてほしい」と理解を求めた。

 主催した同女性会の加藤登美子会長は「子どもが人として豊かに生きていくためにも、学校や地域と連携しながら支援の輪を広げていきたい」と話している。