石巻市桜坂高(生徒480人)体育館で16日、芸術鑑賞会が開かれた。生徒たちは、琉球文化を紹介するバンド「クイチャーパラダイス」の舞や歌を通して沖縄の文化に親しんだ。

 クイチャーパラダイスは沖縄本島の民謡「海ぬチンボーラ、谷茶前」や、沖縄空手の型を取り入れた踊りと民謡「鳩間節」を披露した。

 生徒6人が、小太鼓「パーランクー」を使って伝統芸能のエイサーに挑戦したほか、全校生徒や教員を交えて喜びを表す踊り「カチャーシー」を体験した。アンコールでは「海の声」を全校で合唱し、会場は熱気に包まれた。

 3年の阿部由愛さん(17)は「沖縄の文化に直接触れる機会はなかなかないので、観賞会を通じて訪問した気分になった。カチャーシーが楽しかった」と笑顔を見せた。

 エイサーを体験した2年の高橋鈴佳さん(16)は「沖縄独特の音楽や、リズムに合わせて太鼓をたたくのが面白かった。沖縄に興味を持つきっかけになった」と話した。