■車の部品名を覚える/友善商事 伊藤美優さん(18)

 生まれ育った石巻で働きたい-。高校入学前には、地元に残り、職を求めると進路を定めていた。「人と接するのが好き」と話し、加えて石巻好文館高在学中に取得したパソコンの技能を生かせる仕事を探した。

 石巻市渡波出身。父が石巻市内の運輸会社で整備士をしていることから、昔から運輸、交通関係には興味があった。

 そんな中、昨年、職場体験で訪れた友善商事(石巻市湊大門崎、小笠原博美社長)で、男性に交じって女性社員が生き生きと働く姿を見た。

 同社はトラックやバスなどの大型車を中心に部品の調達販売、修理を手掛けており、心を決めた。

 現在は、膨大な数の部品名を覚え、電話を含めた注文応対を一人前に行えるよう先輩社員の指導を受けながら、日々奮闘している。

 同時に高校時代に取得したパソコンソフト「ワード」のマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)資格を、表計算ソフト「エクセル」でも取得するよう勉強に励んでいる。

 「お客さんにより満足してもらえるようコミュニケーション能力を磨きたい。若い自分たちの世代が石巻をもっと盛り上げていきたい」と笑顔を見せる。