新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急経済対策で、国民1人当たり10万円を支給する特別定額給付金に関し、女川町は22日、申請の受け付けを始めた。

 町民生活課の職員7、8人が、届いた書類の点検やデータ入力などを進めた。郵送、オンライン分ともに29日から順次振り込む。

 マスクや消毒用品の購入など感染症対策で各家庭の家計費負担が増えていることを踏まえ、町は独自に1人当たり2万円を上乗せする。給付金の申請手続きをすれば加算される。

 町は20日、全3113世帯(対象6313人)に申請書を発送した。