県警は15日、交通死亡事故ゼロ6カ月を達成した石巻市に県警本部長の讃辞を贈った。

 伝達式は市役所であり、石巻、河北両署や石巻地区交通安全協会などの関係者約10人が出席。石巻署の岡島利明署長が亀山紘市長に讃辞の賞状を手渡した=写真=。

 岡島署長は「市長はじめ市民、交通関係団体の努力でこの記録が達成された。さらに伸ばしていただくためにも、皆さんの活動を支えていきたい」と話した。

 亀山市長は「東日本大震災から9年が過ぎ、まだまだ復旧復興事業を進めている状況。死亡事故ゼロを続けていけるよう、引き続き関係団体に協力をお願いしたい」と述べた。

 市内では今年1月12日に大街道西の国道398号で道路を横断中に転倒した男性=当時(71)=が乗用車にはねられて亡くなって以来、死亡事故は起きていない。