東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働を巡り、石巻市議会は31日、総務企画常任委員会と総合防災対策特別委員会の連合審査会を開いた。資源エネルギー庁の担当者が出席し、国のエネルギー政策における原子力の位置付けや将来的な電源構成の想定などを説明した。

 委員は国が示す原子力の経済コストについて、「廃炉や使用済み燃料の再処理費用も考慮しているのか」と質問。担当者は「費目としては含んでいるが、金額の試算が甘いという指摘はある」と答えた。

 将来的な電源構成における再生可能エネルギーの割合の低さを指摘する意見には、「より普及が進む可能性がある一方、これまでは公的支援を投入した初期投資の効果があった」と語った。

 連合審査会は、再稼働への賛成、反対双方の団体から提出された請願・陳情計2件を審査している。