石巻市中心部の街中が19日、「猫の街」になる。日中は「いしのまきねこふぇす2020」、夜はジブリ作品「猫の恩返し」(2002年)の野外上映会が行われ、石ノ森萬画館(中瀬)では「CAT ART展」が開催中だ。主催者は「いろいろな個性的な猫と出合える。猫の街に飛び出そう」と呼び掛ける。

 ねこふぇすは合同会社MYラボが主催。午前10時~午後3時、中心市街地が会場だ。猫グッズや猫柄雑貨などが集結するフリーマーケットが八幡家駐車場(中央2丁目)であり、市かわまち交流センター(中央2丁目)では猫イラスト展が開催される。里中満智子、いわみせいじ、はやせ淳ら石巻に縁のある漫画家による猫のイラストが並ぶ。市民が撮影した猫の写真も展示する。20日も開催。両日とも入場無料。

 「街なかリアル宝探し~お魚をくわえて逃げたのは誰だ!?」は、19日から31日まで中心市街地で行われる。午前10時~午後4時。いしのまき元気いちば(中央2丁目)サービスカウンターで謎解き地図を配布する。逃げたニャンコ探しに成功した人に猫缶バッジを贈呈する。参加費100円。

 「猫の恩返し」(1時間15分)上映は街づくりまんぼうが主催する「かわべでシアター」の第3弾。午後6時半ごろから元気いちば前の旧北上川右岸堤防を客席にして、萬画館の外壁をスクリーンに見立て上映する。観覧無料。

 萬画館では12日、特別企画展「CAT ART展~シュー・ヤマモトの世界~」が開幕した。「モナリザ」など世界の名画を猫で再現した作品約70点が紹介されている。

 街づくりまんぼうは「猫好きはもちろん、多くの市民に楽しんでもらえる企画がいっぱい」とPRする。

 連絡先はMYラボ0225(25)5169、街づくりまんぼう0225(23)2109。