長年にわたり河川の清掃などに取り組む県認定のボランティア「スマイルサポーター」のうち、県東部土木事務所管内の2団体に15日、知事感謝状が贈られ、地域の環境美化活動に対する功績をたたえた。

 贈呈式が県石巻合同庁舎であり、郷右近正紀東部土木事務所長が受賞した石巻市の真野内原行政区の高橋輝行区長(67)と上釜町内会の鈴木喜美男会長(77)にそれぞれ感謝状を伝達し「今後とも河川、地域愛護の気持ちで環境美化活動に尽力してほしい」とあいさつした。

 真野内原行政区は2007年から地区住民で北上川水系内の原川(真野地内1.3キロ)と周辺の清掃・除草を実施。夏休みには子供会と共に活動し、子供たちへの河川愛護思想の啓発も行っている。13年に知事感謝状が贈られ、今回が2度目の受賞となった。

 上釜町内会は14年から北北上運河の北上運河大橋~明神新橋(1キロ)間の清掃を春と秋の年2回実施し、大量のごみを収集して河川の環境美化に貢献している。