砂浜を歩いて花に近寄ると、海風に乗って独特の甘い香りに包まれた。仙台市宮城野区岡田の新浜地区の海岸で東日本大震災の津波に耐えたハマナスの花が、咲いている。
 毎年、町内会主催のイベントなどで地域の歴史や植物などを紹介している宮城野区岡田の瀬戸勲さん(77)は「今年は1週間くらい開花が早いですね」と話す。
 震災の年も元気に花を咲かせたというハマナス。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、イベントは中止になったが、例年と変わらずピンクに染まった花びらを力強く広げていた。