旅は、時間の使い方も場所もいつもとは違う。それぞれ違う所を回り、約束の場所で合流する。それが新鮮で良い瞬間だという歌。初めて訪れた土地で貴方( あなた )に再び会う。貴方だけ切り抜いたように懐かしく思われるという不思議な錯覚を楽しんでいる。旅は傍らにいる人と出会い直す契機にもなるのだ。<夜(よ)の浜にフィフィと鳴くもの知りたしと言へど夫にはそれが聞こえず>では、異なる感受性を持って並んでいることもうたっている。(梅内美華子)