庭に降る雨。「身体」よりも生々しい「胴体」を発見し、「のようなもの」と遠回しに歌う独特の感性。初句および第二句の字余りや「ぬたりぬたり」というオノマトペには粘っこい湿り気があり、雨の質感を巧みに表現しています。単なる擬人法という枠組みを超えた、雨に対する作者の生(なま)な手触りが感じられる歌です。他にも<雨はふる、降りながら降る 生きながら生きるやりかたを教へてください>という哲学的な雨の歌があります。
(本田一弘)