◎大学受験・センター試験

 来年1月18、19日の大学入試センター試験まで残り3週間。意識してほしいポイントを紹介したい。

 一つ目は「解く順番と時間配分を設定すること」。各科目で大問の難易度や得意・不得意を考え、どの大問から取り組むのかを考える。各大問を何分で解くのかを決め、その時間になったら絶対に次の問題に進むルールを決めよう。

 センター試験は時間との闘い。難しい問題に時間を使い過ぎ、簡単な問題を落とさないように、全体を適切な順番でバランスよく取り組めるようにしよう。

 解く順番と時間配分を設定したら、過去問演習で配分通りに取り組めるかを確認しよう。時間が来たら次に進むことを習慣化すれば、効率よく時間を使える。これまで受けたマーク模試の解き直しも効果的だ。

 二つ目は「体調とメンタルをしっかりと整えること」。万全な状態で本番を迎えるために規則正しい生活を心掛け、風邪をひかないように気を付けよう。本番に近づくと緊張や焦りを感じることもあるが、適度な緊張は集中力を高める。プラスになると考えよう。

 緊張で勉強が手に付かないときは、自分が作ってきたノートや長く使った参考書・問題集を見返し、今までの努力を再確認して自信に変えよう。

 三つ目は「当日の動きを確認しておくこと」。起床時間や家を出る時間、会場までの行き方などを決めておけば、当日落ち着いて試験に臨むことができる。交通機関が乱れても慌てないように、会場までの動線は複数確認しておこう。

 最後は、これまでやってきたことを信じて立ち向かおう。時間は残り少ないが、やるべきことに着実に取り組み、合格を勝ち取ってほしい。(家庭教師のトライ・阿部正純教育プランナー)