今回は海水魚飼育で使用する飼育設備、オーバーフロー式について話します。

 オーバーフロー式とはろ過方式の一つで、強制循環式ろ過とも言います。他のろ過方式と比べて浄化能力が圧倒的に高く、ろ過の循環ペースが速いため、主に水族館などの水量が多く、たくさんの生体を収容・飼育している大型施設などに取り入れられている方式で、現在の海水魚飼育設備の主流となっています。

 設備内容ですが、生体を飼育する水槽を「本水槽」とします。水槽台の上に本水槽を設置し、水槽台の下には本水槽とほぼ同じくらいの「ろ過槽」を設置します。本水槽の底面には水槽内と水槽底面にパイプがセットできる穴を開ける「オーバーフロー加工」を施します。

 水槽内には水槽の縁より少し低く設定してカットしたパイプを加工した穴に立てます。水槽台にもパイプを通す穴を開けます。水槽台の上に設置した本水槽と、下に設置したろ過槽とを、水槽台を貫通してパイプでつなぎます。

 ろ過槽に設置したくみ上げ循環ポンプを使って、ろ過槽内の水を本水槽へと送水します。送水された水は本水槽へたまっていきます。送水し続けると本来であれば水槽から水があふれてしまいますが、水槽の中に立てたパイプを通って押し出された水は下にあるろ過槽へと戻っていきます。

 ろ過槽へと戻った水はバクテリアのいるろ過材を通り抜け、処理された水は循環ポンプによって再び本水槽へと送られます。

 多くの水量を循環・処理できるので飼育する生体の数が多い場合や、大型に成長する生体の飼育、水槽サイズが大型の場合に適しています。

 オーバーフローの場合はほとんどがオーダーメードになります。水槽サイズから循環ポンプの能力選定、その他付随する飼育設備も全体の総水量、飼育する生体に合わせて考える必要が出てきます。

 メーカーによっては必要な水槽設備一式がセットになったプラグインシステムという形で販売しているものもあります。オーバーフローの場合は他の設備より高額になりますので信頼できるショップ・店員の方に相談して購入しましょう。
(観賞魚専門店経営 朝比奈理一)