造形活動を通して子どもたちと触れ合い始めて、ことしでちょうど30年になります。

 はじめは学生ボランティアとしてショッピングモール内の造形広場で、親子対象に季節の工作を提供するお手伝いをしていました。

 美術系大学を卒業した後は画塾のスタッフとなり、2歳~小学6年生の子どもたちに絵画や粘土制作、工作を指導。夕方からは美大受験の学生さんたちへのデッサンや、社会人への油彩・水彩教室指導者のアシスタントを経験しました。

 その後、絵本と木のおもちゃ専門店に勤める傍ら、造形アトリエを立ち上げました。東日本大震災後に独立し、ことしで7年になります。

 自分の幼稚園時代を思い出すと、友達と遊ぶことよりも、暗い園舎の中で一人黙々と「お絵描き帳」に向き合う自らの姿が浮かんできます。

 人見知りでしたが寂しいというよりは、何かをつくり出す衝動のようなものが原動力となって、白い紙を埋めていく作業を楽しんでいました。

 中学、高校時代には、良き恩師との出会いもありました。迷わず美術の道へ進み、大学では教職課程も学びました。

 30年という節目に、ふと「なぜアトリエという空間を?」と自分に問い掛け原点を振り返ってみます。小学校時代、近所に住むおばさんが自宅の一室を、文庫として開放していました。

 四方の壁にびっちりと絵本や児童書が並ぶ本棚があり、真ん中のテーブルで、ときどき折り紙や簡単な工作を教えてくれました。本当に楽しかった。そこには絶対的な安心感があり、とても居心地良く過ごしていたことを覚えています。

 31年目を迎えるに当たって幼い日の自分に思いをはせ、物づくりを通して子どもたちの日常に寄り添い、今度は私が安心感を与えられる居場所としての存在でありたいと、切に思っています。
(造形教室主宰)