緑豊かな庭が広がる仙台ロイヤルパークホテル(仙台市泉区)。優雅な洋風建築のフロントに、ぱりっとしたスーツ姿の女性が現れた。

 「制服ではないので、お客さまからは上層部の人間と思われているかも」

 笑顔がすてきなマーケティング部セールスの斎藤麗さん(31)は入社8年目。ホテル事業の柱の一つ、宴会の受注やプラン設定を担う。

 法人営業担当になってもうすぐ3年がたつ。企業のニーズを敏感に察知し、料金から料理のコンセプトまで入念にプランを練る。昨年は初めてハロウィーンプランを提供した。「お客さまから『季節を感じる宴会っていいね』と好評だった」とやりがいをにじませる。

 宴会はホテルの全セクションが関わる。機材の準備や花の仕入れ、料理の手配。宿泊が伴う場合もある。準備の進行状況はスタッフ全員と共有する。「少しでも不備があるといけないので、緊張感はある」。その分、無事にやり遂げた時の安堵(あんど)感は大きい。

 裏方とはいえ、役割はオールマイティー。繁忙期にはピンチヒッターで宿泊客を部屋に案内することも。「麗ちゃん、お願い!と他のスタッフから頼りにされるのはうれしい」と顔をほころばせる。

 繁忙期の年末年始に向けて、工夫を凝らしたプランを考案中だ。「宴会利用はもちろん、宿泊や庭の散策だけでも、ぜひ足を運んでほしい」とアピールする。
(天艸央子)

[仙台ロイヤルパークホテル]仙台市泉区寺岡6の2の1。昨年、大幅に規模を拡大したイルミネーションは11月から。庭園に計400個のランタンが浮かぶ幻想的な光景が楽しめる。テントでパーティーを楽しむグランピングも好評。連絡先は 022(377)1111。