16日の郡和子仙台市長の記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 熊本地震から3年がたった。

 A 一日も早い復興を願う。今、全国各地でいろいろなケースの災害が起きている。応援職員の派遣を通じ、東日本大震災で得た知見を他自治体に伝えると同時に、派遣先で学んだことを本市の防災・減災につなげていきたい。

 Q 仙台市泉区で児童虐待事件が発生した。

 A 3月後半に(子どもを)保護をしていると(児童相談所から)報告を受けた。児童虐待が起きたことは大変残念に思う。未然防止に向け、今後もさまざまな取り組みが必要であると率直に受け止めた。

 Q 絶滅危惧種の渡り鳥シジュウカラガンの復活に尽力した市八木山動物公園の元副園長が環境大臣表彰を受賞する。

 A 大変喜ばしいことだと思う。種の保存に向け、地方都市の動物園が一生懸命取り込んだ成果。誇らしいことだ。

 Q 1日に施行された客引き禁止条例の効果は。

 A (警察官OBの)指導員による連日の活動で、「客引きが街から一掃されているように感じる」という声が寄せられている。効果が上がってきているのではないか。