住民も集い途切れぬ客足 地域の将来像、共に描く

 福島県の教育復興のシンボルとなる広野町の県立中高一貫校「ふたば未来学園」(丹野純一校長、中学生81人、高校生362人)の校舎内で、高校生が部活動の一環としてカフェを運営している。訪れた住民との交流を通して地域の課題に向き合い、解決に向けて共に知恵を絞る場となっている。東日本大震災からの復興に挑もうと、若い力が地域との団結を強めて奮闘する。

■店内に明るい声

 カフェは6月にオープンした。4月のふたば未来学園中の開校に伴い、中学、高校を併設する形で整備された新校舎の一角に、温かな雰囲気のカウンターや客席が並ぶ。「いらっしゃいませ」。放課後、そろいのエプロンと帽子を着用して接客する生徒たちの明るい声が店内に響き渡る。

 震災後、休校を余儀なくされた双葉郡内の県立高5校を集約する形で、中学に先立って2015年に高校が開校して4年。1期生の生徒たちが地域一丸となって復興に向かうため「学校を人の集まる場にしたい」と抱いた思いを後輩たちが受け継ぎ、カフェ開設という形で実現させた。

 店名は「cafeふう」。タンポポの綿毛が「ふう」と飛ぶように、この場所から未来に羽ばたきたいとの願いが込められている。地域活性化を目指す部活「社会起業部」の部員有志によるカフェチームが運営し、経営母体として一般社団法人「たんぽぽ」を設立した。生徒が研修を重ねてハンドドリップの技術を磨いたコーヒーや手作りケーキなどのスイーツが人気だ。売り上げは、生徒自らが考える新商品開発や授業中の営業時間に雇っているアルバイトの給与などに充てている。

■全国的にも注目

 カフェは授業を終えた生徒をはじめ、地域活性化に取り組む住民やNPO関係者など、さまざまな立場の人でにぎわう。オープンから5カ月を迎えるが、100人以上が訪れる日もあり、客足は途切れない。カフェチームリーダーで2年生の是次美優(これつぐみゆ)さん(16)は「お客さまに飽きられない工夫など課題はあるが、地域に愛されるカフェとして定着してきた」と胸を張る。

 高校は開校時から生徒自らが地域の課題を見つけ、解決策を考える独自の授業「未来創造探究」を取り入れている。生徒はカフェで校外の人とも交流、地域を巻き込んで被災地の将来像を描こうとする取り組みが加速している。

 カフェは全国的に注目されつつある。8月には高校生が地域課題への取り組みを発表する「第4回全国高校生ソーシャルビジネスプロジェクト(SBP)チャレンジアワード」で、カフェチームが最高賞の文部科学大臣賞を受賞した。是次さんは「今後は世界に目を向け、カフェ運営の中で脱プラスチックや食品ロス削減などの課題の解決策を考えたい」と力を込めた。
(福島民友新聞社ふたば支局・辺見祐介)

 「高校生のシゴト力 明日を創る」に関するご意見、ご感想をお寄せください。住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、〒980-8660 河北新報メディアセンター「高校生のシゴト力」係へ。ファクスの場合は022(211)1482、電子メールはmc@po.kahoku.co.jp