仙台市は28日、市在住の10代の女性アルバイト従業員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染確認は10日ぶり。市内の感染者は計65人となった。

 10代女性は、25日に陽性と判明した多賀城市に住む飲食店従業員の20代女性の濃厚接触者。同じ飲食店で働き、17日は共に出勤していて接触があったという。

 県内の医療機関に入院しているが、重篤な状態ではない。

 宮城県は28日、同県山元町に住む50代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県外感染者の濃厚接触者。

 県によると、男性は24日に発熱し、いったん下がったが、27日に頭痛や鼻づまりを訴え、帰国者・接触者外来を受診。28日に陽性と分かった。

 男性は医療機関に入院しているが、現在症状はない。同居家族以外、濃厚接触者はいない。

 仙台市と合わせ、県内の感染確認は計88人になった。