仙台のシューター谷里が無得点に終わった。出場約15分で2本のシュートを放つも、ともにボールはリングに嫌われた。「決めなければいけないシュートだった」と残念そうに話した。
 高岡体制に代わってからコートに立つ機会が増えた。「試合に出られるようになって少しずつ自信が付いてきた」と言う。課題に挙げるのは相手守備を突破する力で、「ボールをうまくコントロールしながらフリーの空間をつくれるようにしなければいけない」と力を込めた。