11日、福島市の国体記念体育館などで行われ、東地区4位の仙台は2位福島を68-59で破り、連敗を3で止めた。通算成績は17勝25敗となった。
 3位の山形は、5位青森を94-75で下した。仙台と山形は17勝25敗で並んだが、直接対戦の成績により順位に変動はない。6位岩手は西地区首位の福岡に64-76で敗れ、37敗目を喫した。
 次節は17、18の両日に仙台-山形、秋田-名古屋、福島-岩手、茨城-青森がある。

仙台(17勝25敗) 68/18-8/59 福島(25勝17敗)
              12-21
              22-17
              16-13
▽観衆 1926人(福島)

<序盤に連続11得点>

 仙台が逃げ切った。第1クオーター、柳川の3点シュートを皮切りに連続11得点して主導権を握った。第2クオーター以降、福島のアラビや武藤にインサイドを突かれて追い上げられたが、終盤は再び突き放した。