22日、大館市のタクミアリーナなどで行われ、東地区4位の仙台は60-75で首位の秋田に負けた。仙台は3連敗で21勝34敗、5連勝の秋田は49勝6敗。2位の福島は90-77で中地区6位の東京Zを退け、34勝21敗とした。3位の山形は西地区3位の広島に78-87で負け、24勝31敗。6位の岩手は69-86で中地区首位の茨城に敗れて7勝48敗となった。
 次節は28、29の両日、仙台-福島、秋田-山形、名古屋-岩手、青森-香川がある。

秋田(49勝6敗) 75 22-12 60 仙台(21勝34敗)
              14-11
              16-17
              23-20
▽観衆 2279人(大館)

秋田-仙台 第1クオーター、3点シュートを打つ仙台・溝口

<攻めの形を作れず 仙台・高岡大輔監督の話>
 ディフェンスはある程度プラン通りにできたが、リバウンドでは秋田の気迫に負けた。シュートの成功率が低くオフェンスは理想の形にはならなかった。