バスケットボール男子、B2仙台の高岡大輔監督(36)が退任することが7日、分かった。新監督は日本人を軸に人選を進めている。
 今季仙台は女子のトヨタ自動車を全日本総合選手権優勝に導いた後藤敏博氏が指揮を執ったが、成績低迷を受けて1月に解任。アシスタントコーチ(AC)だった高岡氏が昇格した。
 高岡氏は守備重視の方針を打ち出してチームの立て直しを図ったものの、大量失点を止めることができず低迷が続いた。就任後の成績は8勝24敗。
 高岡氏は長崎県出身。拓大卒業後、日本リーグのリンク栃木などを経て仙台で通算5季プレーした。引退後の2016-17年シーズンからACを務めていた。