2日、松山市総合コミュニティセンターなどで行われ、東地区首位の仙台は西地区の愛媛と対戦し、89-81で競り勝った。前半を50-40で折り返すと、後半の反撃をしのぎ切った。通算成績は9勝3敗。

 仙台は3日も同じ会場で愛媛と戦う。青森、福島はそれぞれ西地区の奈良、島根をホームで迎え撃ち、山形は茨城と敵地で顔を合わせる。

仙台(9勝3敗) 89 25-18 81 愛媛(4勝8敗)

            25-22
            19-21
            20-20
▽観衆 1311人(松山)

<前から重圧かけた/仙台・桶谷大監督の話>
 自分たちで流れを崩して速攻で点を取られる試合になった。ただ、しんどい時に守りで前から重圧をかけようと頑張り、そこは成長している。いかに賢くプレーできるかが課題だ。