パワーフォワードの菅沢が3点シュート6本を高確率で決め、24得点と大暴れし大勝に花を添えた。ゴール下でオフェンスリバウンドから得点するなど、求められているプレーも堅実にこなした。
 第4クオーターの得点後には観客をあおるなど、ムードメーカーとしての存在感も存分に発揮した。「自分の得点で盛り上がって良かった」と笑顔だった。