仙台の沢辺が後半に躍動した。積極的にゴール下に切り込み、ファウルを誘って得たフリースローも確実に沈めた。14得点の活躍に、「アタックするという持ち味を出せた。アウェーにもかかわらず多くの仙台ブースターの声援があり、助けられた」と感謝した。
 今月に入って6試合連続で途中出場。先発して立ち上がりにファウルを重ねる悪癖を避けられたためか、安定した結果を出せている。桶谷監督は「しっかりドライブする場所が見えている」と評価した。